山野の花
登山で咲いていた花を展示しています

HOME山野の花白色の花>ヤマハハコ

Alpine Plant
花色別展示
アカ
キイロ
アオ
シロ
ミドリ

ヤマハハコ

キク科 ヤマハハコ属 学名:Anaphalis margaritacea var.angustior

ヤマハハコは山の明るい登山道脇で咲いていた花で、茎の先に白い花が散房状に咲く 茎には白色の毛が密生する 葉は柄が無く互生し細く長く光沢があり3脈で裏側に巻き込む 茎は直立して草丈は30から60cmほど 白色に見える総苞片で花は中央部の黄色いところ 名の由来は、ハハコグサに似て山中に生えるためヤマが付いた 同じ仲間にヤハズハハコとホソバノヤマハハコがありホソバハハコは西日本に多い

花期は8月から9月 別名:ヤバネハハコ 撮影地:天狗の頭 三ッ峠山 赤石岳 大朝日岳 戸隠山

 似ている花 ヤハズハハコ  タカネヤハズハハコ

ヤマハハコ ヤマハハコ ヤマハハコ ヤマハハコ