山野の花
水辺で咲いていた花を展示しています

HOME山野の花黄色の花>リュウキンカ

Mountain Flowers
花色別展示
アカ
キイロ
アオ
シロ
ミドリ

リュウキンカ

キンポウゲ科 リュウキンカ属 学名:Caltha palustris var. nipponica

リュウキンカは高層湿原に咲いていた花で、黄色い花が良く目立つ 雪解けの湿原にいち早く咲く花で、黄色のジュータンのような群落を作ることがある 草丈は20-50㎝ほどで5枚の花弁のように見えるのは萼片です 萼片は 5~7個で、花径は4cmで水芭蕉などの季節に見かける花です 葉は丸く光沢があり縁はわずかな切れ込みがある 花茎が立って金色の花を咲かせるのが、名前の由来らしいです

花期は4月から7月  撮影地:尾瀬 志賀高原 焼石岳

リュウキンカ リュウキンカ リュウキンカ リュウキンカ リュウキンカ リュウキンカ