山野の花
登山で咲いていた花を展示しています

HOME山野の花白色の花>ホソバヒナウスユキソウ

Alpine Plant
花色別展示
アカ
キイロ
アオ
シロ
ミドリ

ホソバヒナウスユキソウ

キク科 ウスユキソウ属  学名:Leontopodium fauriei var. angustifolium

ホソバヒナウスユキソウはウスユキソウの仲間で、至仏山などの蛇紋岩のそばで見かけた 星型の花のように見える部分は苞で黄色の頭花を数個付ける 草丈は15cmほどで、幅5mmほどの細長い楕円形で綿毛で覆われた葉をしている 至仏山と上信越国境の谷川岳の山域に分布する ミネウスユキソウよりも花も葉も細く、細かい毛が見える 絶滅危惧II類(VU)に登録されている。

花期は6月から7月 撮影地:至仏山 谷川岳

 良く似た花 ミネウスユキソウ ハヤチネウスユキソウ

ホソバヒナウスユキソウ ホソバヒナウスユキソウ ホソバヒナウスユキソウ ホソバヒナウスユキソウ