山野の花
登山で咲いていた花を展示しています

HOME山野の花青色の花>タカネマツムシソウ

Alpine Plant
花色別展示
アカ
キイロ
アオ
シロ
ミドリ

タカネマツムシソウ

マツムシソウ科 マツムシソウ属  学名:Scabiosa japonica var. alpina

タカネマツムシソウは登山道の明るい草地で咲いていた花で、高山帯に咲くマツムシソウの変種、草丈は20~40cmほどの高さで茎先に一輪の花を咲かせる 花径は5cmほどでよく目立ち、縁の舌状花は深く3つに裂けて、中央の小花が集まり 小花と舌状花の間に針状のひげがある 葉は地面近くでロゼット状に広がり小葉が沢山付く

花期は8月から9月 別名:ミヤママツムシソウ 撮影地:高峰高原 白山 大朝日岳

タカネマツムシソウ タカネマツムシソウ タカネマツムシソウ タカネマツムシソウ