山野の花
野に咲く花を展示しています

HOME山野の花白色の花>シロバナタンポポ

野に咲く花
花色別展示
アカ
キイロ
アオ
シロ
ミドリ

シロバナタンポポ

キク科 タンポポ属 学名:Taraxacum hondoense

シロバナタンポポは関東では、群生しないようで関西では多く見られる タンポポの種類も沢山あるようですが、近所の野原で白色のタンポポを見付けた 地面から花茎を伸ばして花径は3から5cmほどで白く見える部分は舌状花で、花の基部が黄色をしている 葉は楕円形で多く切れこみがある タンポポの葉や地下茎は、薬用として用いられる 名の由来は、風に飛ぶ種でおなじ みの球形の姿が、槍などの練習用に使うタンポに似ていることから名が付いた

花期は2月から5月

シロバナタンポポ シロバナタンポポ シロバナタンポポ シロバナタンポポ